今日も遠くに行きたいです。

旅の記録を日記代わりに

2014/7/18 QR898 DOH-PEK ビジネスクラス【1】

☆ラウンジから搭乗口へ向かいました。

 

DOHから羽田行も選択肢としてありましたが公共交通機関に間に合うか不安だったことといい機会だからいろいろ乗り継ぎたいというマニア的な観点からここから北京に向かいます。

 

正直なところ、中国にはいいイメージがありません。

中国人はいい人もいれば、悪い人もいる。中華料理は美味しい。中国という国は嫌い。こんな感じで。

 

でも、絶対に行きたくないというほどでもなかったので北京行を選ぶことになりました。(周りの人は反対されましたが)

 

ということで搭乗口付近までやってきました。

 

th_DSCF4537.jpg

 

ここから、よくないところ。

ここの空港はまず、待合室に入るのに一回・そして待合室からボーディングするときに一回、セキュリティチェックがありました。

そして、これみんなグチャグチャ。

 

待合室に入るのにはみんな列で並んでるからいいけど

 

th_DSCF4544.jpg

 

待合室からゲートに向かう時、ひどい混雑

 

th_DSCF4551.jpg

 

中国人が多いからとかっていうより、この構造よくない気がする。

 

th_DSCF4552.jpg

 

そんなんで、周りの中国人にもみくちゃにされながら2つ目のゲートを抜けました。ここからはやっと別ルート。

 

th_DSCF4553.jpg

 

th_DSCF4554.jpg

 

このフライトの機材はB777-300ERでの運行でした。シートもフルフラットで快適でした。

 

th_DSCF4556.jpg

 

モニターも見やすそう。

 

th_DSCF4561.jpg

 

リラックスウェアも頂きました。が、着替えてる人はあんまりいなかったようです。

 

th_DSCF4568.jpg

 

ここで隣の席におじさんがやってきました。8割くらいの搭乗率だったのでしょうがないですね。

 

th_DSCF4569.jpg

 

しかしながら、トイレに立ったときに1A/Bが空席だったのでCAさんに確認したところ移動してもいいとのことで移動させてもらいました。

 

快適な機材ですがやっぱり、隣が居ると落ち着きませんしね。まぁ、隣に人が居て当たり前なんですけどねw

 

th_DSCF4571.jpg

 

北京までは約7時間のフライト。早く着かないかな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

WAWからDOHについてラウンジでネットサーフィンをしているとマレーシア機が墜落したとのニュースを目にすることに。

 

WAW-DOHの航路ではウクライナ上空をMH機が墜落する5時間ほど前に飛行していました。

 

この時、まだ情報が錯綜しており撃墜されたなどの情報が出ていませんでしたが出来れば飛行機に乗りたくないなというのが本音でした。行き先、北京ですし。

 

そんなこともあり、とても緊張感のあるフライトになりましたが今こうやって呑気に搭乗記を書くことが出来ていて本当によかったなと思います。

 

海外旅行は楽しいことがほとんどですが、時には危険がつきまとうことを改めて考えさせられる出来事でした。